電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 道総研が潟湖のサケ稚魚成育場活用を検証

新聞記事

道総研が潟湖のサケ稚魚成育場活用を検証

2019年01月01日

 低迷が続く道東太平洋地域の秋サケ資源の早期回復に向け、道総研は沿岸域に比べ水温が高く、餌も豊富な潟湖(せきこ)を稚魚の成育場に活用する研究開発に取り組んでいる。2017、18年の調査では水温、水質、餌生物量といった好適な環境特性を備え、その条件下で稚魚が成長し、沿岸域が適水温に到達した時期に降海した状況を確認。今年以降も調査を継続し、初期生活期の生残率向上につながる新たな放流方法の確立を目指す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る