電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > カキ消流、観光客減で消費鈍化

新聞記事

カキ消流、観光客減で消費鈍化

2019年01月01日

1年カキのむき作業。昨季よりも弱含みの傾向にある(昨年10月)

 北海道内のカキ生産量は主産地・サロマ湖のむき身が多少少なく、殻付きは道東中心に例年並み。消費は外国人観光客の減少で殻付き中心に伸び悩んでいる。12月は例年並みの出荷量となったが、浜値はサロマ湖産の1年むき身がキロ千円台前半、道東の殻付きは1個130~120円程度と弱含み。関係者は戻りつつある観光客消費に期待を寄せている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る