電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 陸奥湾ホタテ高いへい死率 18年産稚貝、過去4番目

新聞記事

陸奥湾ホタテ高いへい死率 18年産稚貝、過去4番目

2018年12月17日

 陸奥湾の2018年度秋季実態調査結果によると、18年産(稚貝)のへい死率は分散済みの全湾平均値が7.0%で、平年値(過去33年間の平均値)を2.7ポイント上回り過去4番目の高さとなった。殻長はやや下回る程度だが全重量は1.4グラムで平年値より1.1グラムも低下。県は稚貝やキヌマトイガイの大量付着による餌不足や間引き作業の遅れを指摘している。一方、17年産(新貝)のへい死率は23.1%で平年値より9.3ポイント高かった。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る