電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 道東サンマ 今月も漁続く 魚体は小型

新聞記事

道東サンマ 今月も漁続く 魚体は小型

2018年10月08日

昨年を上回る水揚げで浜を活気付かせるサンマ(3日、花咲港)

 道東沖のサンマ漁は9月末現在で、低調の昨年を6割強上回る水揚げとなった。10月に入っても漁は続き、1日は道東4港(花咲、浜中、厚岸、釧路)で日量2000トン弱に達した。花咲に荷揚げする着業者は「漁模様は昨年に比べるとはるかにいい」と笑顔。主漁場は日本水域とロシア水域で、魚体は小型傾向が続いている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る