電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 青森 生協に週1回活魚販売

新聞記事

青森 生協に週1回活魚販売

2018年09月10日

軽トラックに設置した水槽

 カレイ刺網に着業する野辺地町漁協の熊谷浩理事(勇宝丸=2.4トン)は、今年から青森県民生協と個人契約を結び、マコガレイの活魚販売に取り組んでいる。「前浜で獲れる魚を少しでも高く売りたい」という思いと「他店との差別化を図りたい」という量販店の狙いが合致。市場に流通しないフジツボなども好評で生協の売上げは伸びているという。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る