電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 利尻天然、昨年上回る

新聞記事

利尻天然、昨年上回る

2018年08月27日

昨年を上回る繁茂状況の天然コンブ(21日、本泊漁港)

 利尻漁協の天然コンブは、全般的に薄生いだった昨年を上回る繁茂状況で大半の地区が自由操業に入っている。仙法志地区が良好で24日現在旗揚げで10回操業。同地区の着業者は「海にはまだたくさんコンブが残っている。この後も天候に恵まれ順調に採取できたら」と期待する。
 仙法志地区は繁茂範囲が広く船は比較的散らばって操業。神磯方面で採取する滝沢薫さんは「1日の操業時間が長くまずまずの採取状況」と話す。吉田欽哉さんも「御崎から久連までびっしり繁茂している。長さ、実入りともに良い。春の段階からフノリなど他海藻も成長が良かった」と言う。髙橋貢さんは「実入りは漁場で異なるが平均して長い。まだコンブがあるので好天とナギが続けば」と期待する。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る