電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 道水産林務部が検討会設置 イカなど原料不足打開へ

新聞記事

道水産林務部が検討会設置 イカなど原料不足打開へ

2018年07月16日

 道水産林務部は、サンマ、イカなど主要魚種の水揚げ減少で加工・流通業界が原魚不足などで厳しい経営状況に陥っている中、マイワシ、ブリなど増加する資源の有効活用への仕組みづくりを検討する「資源有効活用対策検討会」を設置した。11日に道庁で開いた初会合では、座長に道総研水産研究本部の三宅博哉本部長を選任。3回開催し、来年3月に提言を取りまとめる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る