電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 宮城県のホタテ養殖 生産者・買受人・漁協が座談会

新聞記事

宮城県のホタテ養殖 生産者・買受人・漁協が座談会

2018年05月14日

 宮城県のホタテ養殖で移入北海道産半成貝のへい死率が高まっている問題をめぐり4月26日、座談会が石巻市の県漁協で開かれた。生産者は「移入したくても買えなくなる」と経営の窮状を吐露。原因は分からないとしながらも、道産が韓国輸出増加に伴い過密気味の収容になっているのではとの懸念が寄せられた。半成貝を入れる生産者のグループや漁協支所が道内各産地の生残率を把握して情報交換したり、結束して、道内産地の代表と打開や末永い付き合いに向け協議すべきという提案が共有された。(2回連載します)

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る