電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 魚種・サイズ問わず連続処理可能フィレマシン

新聞記事

魚種・サイズ問わず連続処理可能フィレマシン

2017年12月11日

マシンへの投入。運転スイッチを押すだけ

 理工エンジニアリング(株)(高知県高知市、有光功社長)は斬新なフィレマシンを完成させた。無調整のまま簡単操作で、大型魚を魚種・サイズを問わず、混載、連続加工ができる。漁獲量が低減する一方で、地域によっては今まで見られなかった魚種が捕れるようになるなど予測が困難な時代。水産加工機械の開発を自ら行う有光社長は「このマシンがあれば、ある程度の大型魚はカバーできる」と自信を示している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る