電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 本格化から3年、柱に成長/木古内地区のワカメ養殖

新聞記事

本格化から3年、柱に成長/木古内地区のワカメ養殖

2017年12月11日

 上磯郡漁協木古内地区は、3年ほど前から本格的にワカメ養殖に取り組み、ボイル塩蔵主体の生産態勢を確立した。種苗生産や種付け、間引きといった養殖技術・管理を工夫。内山康宏同地区若布部会長(同漁協理事)は「大きな自然被害がない限り安定生産が見込める」と話し着業魚種の柱に据える。また「労力的負担も小さく年配者でも生産しやすい」と利点を強調する。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る