電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城乾のり「最高の幕開け」

新聞記事

宮城乾のり「最高の幕開け」

2017年11月27日

初入札で品質を入念にチェックする買受人

 宮城県産乾のりの初入札が21日、県漁協塩釜総合支所共販所で開催された。2140万枚が上場、100枚当たり1317円平均で落札され、昨シーズンを9%、106円上回った。全国的な在庫払底が要因。県漁協は「最高の幕開け」と喜ぶ。今季も高値が期待できる流通環境で、生産目標は昨シーズン(4億1952万枚)並みの4億枚。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る