電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 札幌圏の量販店 生鮮商戦 苦境に立つ

新聞記事

札幌圏の量販店 生鮮商戦 苦境に立つ

2017年09月18日

価格設定に苦戦している量販店の秋サケ売り場(札幌市内)

 平成以降最低の来遊予想をさらに下回る低調な水揚げで滑り出し、近年最高値の浜値を形成している北海道の秋サケ。札幌圏の量販店は生秋サケ、生すじことも商材調達をはじめ商戦展開に苦戦している。相場の上昇幅が大きく、価格転嫁を避けられない状況で、売れ行きは不調。今後も水揚げ不振、浜値の高止まりが続けば、売り場縮小を余儀なくされる現状に頭を痛めている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る