電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手県・釜石市漁連の自動製氷施設 待望の本格稼働

新聞記事

岩手県・釜石市漁連の自動製氷施設 待望の本格稼働

2017年09月04日

本格稼働した自動製氷貯氷給氷施設

 岩手県の釜石市漁連(小川原泉会長)は、定置網やサンマ船などの水揚げ活発化で盛漁期を迎え、自動製氷貯氷給氷施設の稼働を本格化する。プレート氷で日産50トン、貯氷200トンの能力で供給を大幅アップ。巻網なども含め大型船にもスムーズな船積みを実現するとともに、同県初の自動化システムでコストを削減、利便性も高めた。水揚げ増加にも大きな期待がかかる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る