電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 余市郡漁協スルメイカ 武蔵堆で水揚倍増

新聞記事

余市郡漁協スルメイカ 武蔵堆で水揚倍増

2017年09月04日

スルメイカの荷揚げ作業(8月28日、余市港)

 余市郡漁協のスルメイカ漁は前浜で水揚げが振るわず、8月下旬から武蔵堆で操業している。日量は8月28日に発泡730箱と、前浜操業の同24日に比べ倍増した。ただし漁場は大型船なども集中する海域で、大栄丸(19トン、長崎県)の髙橋千代喜さんは「操業場所の確保が難しい。これから挽回できるほど水揚げを伸ばせるか分からない」と話す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る