電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 海外取材 > ニューヨーク魚事情を見た 市場は鮮魚でいっぱい

新聞記事

ニューヨーク魚事情を見た 市場は鮮魚でいっぱい

2009年10月26日

 世界的に魚の需要が高まる中、ニューヨークの魚市場とスシを見てきた。市場は冷凍物が中心という事前情報に反し、鮮魚であふれていた。ボストンの本マグロをはじめ、サーモン、エビ、タラ、スケソ、オヒョウ、サバ、カキ、ホタテ、イカ、タコ、ウニなど魚種は驚くほど多い。健康志向で普及したスシは、ニューヨーカーにすっかり定着、巻物ばかりか握りも今や定番。ヘルシーな日本食の浸透もあって水産物の流通は活発だ。

※記事の詳細は週刊水産新聞紙面をご覧ください。

(2009年10月26日付)

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る