電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 羽幌の蝦名漁業部 エビ酒蒸し、製造拡大

新聞記事

羽幌の蝦名漁業部 エビ酒蒸し、製造拡大

2017年05月15日

 ナンバンエビの酒蒸しで6次化に取り組む北るもい漁協所属の有限会社蝦名漁業部(蝦名弥代表)は、直売店を併設した自社工場を羽幌町幸町57の国道232号線沿いに整備し4月21日にオープンさせた。ナンバンエビの「酒蒸し甘えび」は、蝦名桃子専務を中心に平成26年から製造・販売。「甘えび専門店・海の人」を設立し、同漁協苫前支所の冷凍庫や町の施設で生産をスタート。生産量の増加に伴い、保管場所や加工場、事務所、直売店を集約した自社工場「甘えびファクトリー・第51高砂丸」を整備した。

購読

このページのTOPへ戻る