電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > コンブ > 乾燥作業を効率化 銭亀沢・高野さんの工夫

新聞記事

乾燥作業を効率化 銭亀沢・高野さんの工夫

2013年11月04日

囲いむろ」に除湿器と扇風機を取り付けた乾燥室

 道南・銭亀沢漁協の高野孝三さんは、コンブ保管に使う「囲いむろ」に扇風機と除湿器を設置し乾燥室として利用、製品づくりの効率化を図っている。

 水揚げ後のコンブ製品化は、乾燥や伸し、折り、日入れなど行程が多く、手間と人手が掛かる上に、日入れは天候に左右されやすい。その悩みを解消、夫婦二人でも効率的に生産するため、10年ほど前に独自の乾燥室を作った。

※記事の詳細は週刊水産新聞紙面をご覧ください。

(2013年11月04日付)

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る