電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 台湾輸出27%減 食の多様化などで消費鈍化

新聞記事

台湾輸出27%減 食の多様化などで消費鈍化

2017年02月06日

 財務省の通関統計によると、平成28年の食用干し昆布の輸出数量は全体で前年比12%減の515トン。主力の台湾が前年を3割弱下回った。キロ平均単価は全体で同0.4%安の1566円。

購読

このページのTOPへ戻る