電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城乾のり 初入札1213円平均26%高

新聞記事

宮城乾のり 初入札1213円平均26%高

2016年11月28日

初上場の品質を吟味する買受人

 宮城県産乾のりの初入札が22日、塩竈市の県漁協塩釜総合支所で開催された。2435万枚が上場、100枚当たり1213円平均で落札され、昨季初回を26%上回る好値でスタート。品質が上がって上等級の割合が高まったのと下等級の価格上昇が要因だ。生産見込みは昨季並みの4億枚となる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る