電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 4連続台風、漁業に大打撃

新聞記事

4連続台風、漁業に大打撃

2016年09月12日

根尾、けた、耳づりが絡まった八雲町漁協の施設。ショベルカーで出荷前の3年貝をそぎ落としている(7日、八雲港)

 8月16日から31日にかけて上陸・接近が相次いだ4つの台風は、本道水産業に大きな被害をもたらした。大シケで養殖ホタテは脱落・流出し施設も損壊。高波でコンブ干場の砂利が流出したほか、河川から次々と流木が流れ定置漁場に漂着した。5日現在で7、11、9号による水産被害は176件1億5400万円。10号では634件に上る。道漁協系統5団体などは6日付けで「北海道水産被害合同対策会議」を設置。復旧に向けた支援対策を道などに要請した。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る