電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 広田湾漁協エゾイシカゲガイ 出荷順調、倍増67トンへ

新聞記事

広田湾漁協エゾイシカゲガイ 出荷順調、倍増67トンへ

2016年07月18日

順調なエゾイシカゲガイの水揚げ

 岩手県の広田湾漁協で養殖エゾイシカゲガイの出荷が順調だ。昨シーズンの2倍強となる67トンを計画する。今季も成育と価格は安定し、2年でマーケットサイズの殼長55ミリ以上に成長、キロ2000円を大きく上回る。魅力は大きく、砂田光保組合長は「100トンの生産を目指す」と話し、第4の養殖種にと期待する。採苗の安定が唯一で最大の課題だ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る