電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城産ホタテ 中・北部値決め、高値続く

新聞記事

宮城産ホタテ 中・北部値決め、高値続く

2016年04月25日

谷川地区の半成貝新貝の水揚げ

 宮城県産ホタテは初の新貝(一昨年採苗貝)共同値決めが中部、北部両地区であり、地種、半成貝養殖とも450円で滑り出した。いずれもそれまでの県漁協支所別の相対販売価格を反映したものだが、中部は昨年に比べ100円高。水揚げは大型連休をにらみ活発化に向かうものの、始まりは両地区合わせ日産10トン程度と鈍い。高値が重しとなっているようだ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る