電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > いぶり噴火湾アカガレイ刺網苦戦

新聞記事

いぶり噴火湾アカガレイ刺網苦戦

2016年03月28日

水揚げが落ち込んでいるアカガレイ(21日、豊浦支所)

 いぶり噴火湾漁協のアカガレイ刺網が苦戦している。雪解け水の影響で海中が濁る「泥湧き」が例年よりひどいため。水揚げは昨年の半減と大きく落ち込んでいる。
 豊浦地区は春先に3軒が着業。2月の休漁後、3月19日現在で前年同期比49%減の1.2トン。第18栄勢丸の竹島浩刺網部会長は、長万部静狩寄り水深60~70メートルで操業し、72反で21日に50~60キロの水揚げ。「いつもは3桁…。春先は毎年覚悟しているが、例年以上に泥が湧いている」と表情を曇らす。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る