電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 三陸の業界 東日本大震災5年「よくここまで」

新聞記事

三陸の業界 東日本大震災5年「よくここまで」

2016年03月07日

大震災から5年を迎え、以前と同じ岸壁で始まったイサダの水揚げと背後の高度衛生管理型市場(3日、大船渡漁港)

 東日本大震災から5年の節目を迎えた。三陸の水産業は、主要市場の水揚げ額が戻り、養殖生産も震災前に近づいた。加工場の復興も進む。先の見えない混乱、不安の中で生業をつかみ取り、落ち着きを取り戻す人が増えている。復旧から現場の陣頭に立った人たちは「よくここまできた」と復興を実感、あらためて国や全国からの支援に感謝。各地域とも人の不足が難題として残る。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る