電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 砂原漁協 スケソ底建、半月早い漁

新聞記事

砂原漁協 スケソ底建、半月早い漁

2016年02月08日

シケ後にまとまりだしたスケソ水揚げ作業(2日、掛澗漁港)

 砂原漁協の底建網は、1月下旬からスケソが乗り始めた。昨年より早いまとまりで日産80トン前後の水揚げ。着業者は好漁が持続することに期待を寄せている。一方、刺網は低調な水揚げが続き、2月上旬で今季の漁をほぼ終えた。12月のピーク時は1隻15~20トンと好調だったが2週間程度と長続きせず、水揚量は前年比2割減と苦戦した。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る