電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 余市町カワカミ 数の子 通年消費へ

新聞記事

余市町カワカミ 数の子 通年消費へ

2016年02月08日

通年販売を目指し開発した各種味付け数の子のセット(上)や市販用パック

 余市町の株式会社カワカミ(田渕勝一社長、電話0135・23・5251)は、主力のニシン・数の子製品で通年消費を追求している。数の子は西京みそ、マヨネーズなどさまざまな味付け、親製品は糀漬けなど総菜需要の生珍味も製造。食生活の変化などで塩数の子や身欠きの需要が縮小傾向の中、年間を通して販売できる商品開発にも取り組んで工場稼働の安定を目指している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る