電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 活じめイカで凍結も 岩手・久慈市漁協が試験

新聞記事

活じめイカで凍結も 岩手・久慈市漁協が試験

2015年12月14日

イカ活チャ器でのスルメイカ活じめ

 岩手県の久慈市漁協(皀健一郎組合長・久慈市)は釣りスルメイカの付加価値を高め周年供給する試験を進めている。昨シーズンの「洋上活じめ」の鮮出荷に今季から冷凍を加え、サイズが小さい夏場は「沖漬け」に。地元などで販売しいずれも好評という。水揚げが減る中、高鮮度や衛生管理を付加価値にブランド化し浜値を上げる狙いだ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る