電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 独創的アイデアで 水揚後の労力軽減

新聞記事

独創的アイデアで 水揚後の労力軽減

2015年10月26日

手作りの台車を乗用車でけん引し、干場から乾燥室まで一気に運ぶ

 コンブ漁業は、水揚げ後も乾燥や選葉などで手間が掛かるほか、労働時間も長く体力的負担が大きい。コンブ干しを手伝うオカ回りの人材を確保するにも苦労する地区もある。それらの悩みを解消するため、着業者は道具や作業場作りを独自に工夫、作業の効率化を図っている。道具などを考案・自作し、改良を重ねる根室漁協太平洋沿岸部会コンブ部の南多加雄副部長と日高中央漁協の髙桑陵さんを取材した。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る