電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 道東サンマ 水揚げ最低水準

新聞記事

道東サンマ 水揚げ最低水準

2015年10月19日

 道東沖のサンマ漁の水揚げは10月に入っても低調だ。全国の漁獲量は詳しい統計が残る昭和55年以降で過去最低だった平成11年を下回る可能性がでている。主漁場はロシア水域、公海、久慈沖で、道東沖に形成されず苦戦。ロシア水域での操業は漁獲量割当(5万1730トン)を消化し、18日で終漁した。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る