電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > ひだかブリ/ 船上活じめで拡販、脂肪率計測・表示も付加価値

新聞記事

ひだかブリ/ 船上活じめで拡販、脂肪率計測・表示も付加価値

2015年10月05日

手動式の処理機で行う船上活じめ作業

 近年北海道沿岸の秋サケ定置で多獲されるブリ。ひだか漁協は今季、船上活じめで販売拡大に乗り出した。定置業者4経営体が実施。徹底した血抜き処理や鮮度管理、脂肪率の計測・表示などの付加価値対策を施し、「はるたち(春立)」「三石」の水揚げ漁港を冠したブランド名でアピール。仲買人指定で独自の販路を開拓し、野じめに比べて約2割高の魚価向上を図っている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る