電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 干場整備の新アイテム 名はマシーンレーキ

新聞記事

干場整備の新アイテム 名はマシーンレーキ

2015年05月25日

日高中央漁協の髙桑一廣浦河昆布会会長の三男・祐大さんと四男・陵さんは、干場整備に使う新アイテムを開発した。鉄枠に36本のボルトを取り付けた「マシーンレーキ」で、ユンボのバケツ部分に装着。「干場を耕すように」左右に動かすと、オフ期間に砂に埋もれたバラス(玉砂利)が表面へと出てくる仕組みで、一面がバラスの理想的な干場に仕上がる。整備の省力化や期間短縮、重機の燃料費削減にもつながっている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る