電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 秋サケ新巻き商戦 組成大型で小箱払底

新聞記事

秋サケ新巻き商戦 組成大型で小箱払底

2014年12月08日

 新巻き商戦が大詰めを迎えている。今季は不漁と、国内加工、輸出向けの原料需要で、生産量が低水準。特に小型サイズの水揚げが少なく、小箱(10キロ)は品薄、払底状態。一方、大箱(19.5キロ)は高単価に付く6尾以上の荷動きが鈍く、年内に売り切れるかが焦点だ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る