電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手県栽培漁業協会 ナマコ種苗 生産再開

新聞記事

岩手県栽培漁業協会 ナマコ種苗 生産再開

2014年07月21日

オスから吐き出させた精巣のシャーレへの移し替え

 一般社団法人岩手県栽培漁業協会(大船渡市)は16日、ナマコ種苗の大震災後初となる生産に向け種市事業所(洋野町)で採卵、授精を開始した。30ミリに飼育し11月から来年7月までに30万個を出荷する計画だ。被災から復興に向かい、漁協の種苗放流意欲の再燃に応えていく。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る