電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > ホタテ > 韓国でホタテ需要を探る 日本産評価に変化

新聞記事

韓国でホタテ需要を探る 日本産評価に変化

2014年06月30日

可楽洞農水産物総合卸売市場内の店舗。日本産ホタテに産地明記はなかった

 【韓国=松本名司】日本の活ホタテ輸出先第一位の韓国。中国産の輸入減も絡み昨年までは増加の一途をたどった。ホタテをはじめ日本の水産物に対するイメージは「安全・安心な食材だった」と誰もが話す。しかし原発汚染水問題が起きた昨夏以降、状況は一変。国内の水産物消費は落ち込み、ことしはホタテ輸入量も減少している。韓国の首都ソウルや釜山などを訪ね、流通事情を探った。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る