電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 資源管理のあり方検討会 日本海北部スケソ、ひやま漁業者自主的努力を強調

新聞記事

資源管理のあり方検討会 日本海北部スケソ、ひやま漁業者自主的努力を強調

2014年04月28日

 水産庁の「第2回資源管理のあり方検討会」が18日、農水省講堂で開かれ、日本海北部のスケソの資源管理をめぐり、佐藤弘ひやま漁協副組合長は「漁業者は自主的に資源管理に取り組んでいる」と強調。TACが規制強化されると「経営が成り立たず、浜は混乱する」と強く訴えた。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る