電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 岩井漁業部、道の駅でホタテ・カキ等加工品提供

新聞記事

岩井漁業部、道の駅でホタテ・カキ等加工品提供

2021年02月22日

鮮度重視で作るホタテ・カキ・ムール貝の加工品





 砂原漁協でホタテ・カキ養殖などを営む岩井漁業部(岩井久樹代表)は、自ら生産したホタテのむき身、カキのボイルなど加工品を作り、地元道の駅「つど~る・プラザ・さわら」で販売している。地域住民や立ち寄り客らの需要をつかんで、手軽に購入できる土産品の一品に定着。今年からムール貝のボイルも新たにラインアップした。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る