電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 日本海ニシン来遊遅れやシケ多発で苦戦

新聞記事

日本海ニシン来遊遅れやシケ多発で苦戦

2021年02月22日

ニシンの網外し作業(15日、石狩市厚田区古潭)


 1月10日に開幕した日本海沿岸のニシン刺網は、来遊遅れやシケの影響などで好漁だった昨年を下回る漁模様で推移している。主産地・石狩湾漁協の着業者は「漁期後半の挽回に期待したい」と漁況を注視。一方で低調ペースを背景に生鮮流通、数の子の加工需要の引き合いが堅調。ただ流通関係者らは「末端の消費量が増えている印象はない。昨年のように石狩湾漁協だけで日量100トン超が連日続く展開になると、相場が崩れるだろう」と警戒する。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る