電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 噴火湾加工貝は今季もボイル主体

新聞記事

噴火湾加工貝は今季もボイル主体

2021年02月15日


 加工貝(2年貝)の水揚げが本格化する噴火湾では、いぶり噴火湾漁協に続き渡島側の長万部、八雲町、森漁協も出荷を開始。2月後半から本格化する見通しだ。浜値はキロ100円台中盤から後半で推移している。一方、仕向けは内販中心にボイル主体の展開。冷凍両貝輸出は中国・大連港のクローズで物流が停滞しており、不透明感が強まっている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る