電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 北海道の毛ガニは7年ぶりに増産見込み

新聞記事

北海道の毛ガニは7年ぶりに増産見込み

2021年02月08日


 漁獲量が低迷傾向だった北海道の毛ガニ。今年は昨年まで4年連続で許容漁獲量が減枠だった主産地・オホーツク海の宗谷海域が2倍強の増枠となり、全道の供給量は底を打って7年ぶりに増産見込み。ただ、網走海域は過去最低枠が継続、日高海域も減枠で、2千トン割れの水準が続く状況。消流は昨年産の大・中サイズが消化され、価格形成は強含みの様相だが、高値基調による需要先の縮小、コロナ禍の構造変化などで特に小サイズの販路確保が焦点となる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る