電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > イサダ漁、衛星データで漁場を推定、アプリ連携で効率化

新聞記事

イサダ漁、衛星データで漁場を推定、アプリ連携で効率化

2021年01月25日


 一般財団法人リモート・センシング技術センター(RESTEC、東京都港区、池田要理事長、電話03・6435・6700)など3者は、岩手、宮城両県の三陸沿岸で冬から春にかけ、親潮の前線域(潮目)にイサダが多く集まる特性に着目し人工衛星の観測データを使ってイサダ(ツノナシオキアミ)漁を効率化するアプリケーション(ウェブサービス)の開発を進めている。海面水温から漁場が形成される場所を1時間ごとに推定し、リアルタイムでスマートフォンなどに示す。水揚量アップのほか、燃油コスト削減や鮮度を生かした新産業創出などが期待される。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る