電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 塩たらこ・ワイン漬明太子・白子等で付加価値さらに

新聞記事

塩たらこ・ワイン漬明太子・白子等で付加価値さらに

2021年01月25日

試作段階の塩たらこ。ブランド復活へ完成レベルを引き上げていく


 ひやま漁協で今年、延縄で漁獲するスケソの付加価値を高める挑戦が始まった。鮮度抜群の卵を原料に、同漁協乙部支所ナマコ協議会の加工部門(日沼賢澄部門長)が塩たらこなどを製造する。現状では試作の段階だが、同部門がナマコやアカモクなどで開拓した販売先からも引き合いが寄せられている。白子やガラも独自の販路で価値向上を進めていく。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る