電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > AI使い魚を自動選別

新聞記事

AI使い魚を自動選別

2021年01月18日

実用化が期待される画像センシング装置(右)


 青森産技食品総合研究所(八戸市)と水産研究・教育機構(横浜市)は画像センシングを活用した魚種・サイズの自動選別技術を開発し、14日、実証試験の様子を公開した。AI(人工知能)の手法の一つである機械学習を用いることで90%以上の精度で魚種判定を行い、同時に画像データからサイズを高精度に計測。県沿岸で漁獲されるサケやサバ、ワカシ(ブリの未成魚)など約40魚種の自動選別を可能にした。水揚げ現場に導入されれば生産性を3割高められるといい、作業の省力化や人手不足の解消に向け実用化が期待される。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る