電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 促成種苗被害の南かやべ、差し直しや移植で回復図る

新聞記事

促成種苗被害の南かやべ、差し直しや移植で回復図る

2021年01月18日


 高水温やホッケ食害が原因とみられる促成種苗の芽落ち・損傷が発生した南かやべ漁協で復旧作業が進んでいる。余分に残していた種を差し直したほか、移植を始めた着業者も。15日には種苗センターで新たに生産した種が希望者に分配された。着業者は「可能な限り回復させたい」と前を向く。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る