電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > コロナ禍新業態・店の味、家庭でも

新聞記事

コロナ禍新業態・店の味、家庭でも

2021年01月01日


 コロナ禍により、飲食業界は時短営業や営業自粛を余儀なくされて苦難に直面している。一方で、集客を維持するため食材や調理品を通販・テイクアウトにして巣ごもり需要に応え、新たな購買層を獲得している店も出始めている。それを支えているのが冷凍技術。家で解凍しても店で食べるのと変わらない味。コロナ禍後、“冷凍ミールキット”のような形態に注目が集まっている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る