電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 北海道の秋サケ300億円台回復も浜格差大きく

新聞記事

北海道の秋サケ300億円台回復も浜格差大きく

2020年12月14日


 北海道の秋サケは4万6千トン弱と、昨年に続き5万トン割れの凶漁となった。浜値は卵需要のメスを主体に高騰し、全道のキロ平均単価(11月末現在)は前年比2割高の657円に上昇。金額は約350億円まで回復したものの、浜間格差も大きく、資源動向の先行き不安は払しょくされないまま。一方、消流は今後の水揚げ回復時に向けた売り場の堅持が引き続き課題となる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る