電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手・田老町漁協 120万個のアワビ種苗生産施設復旧

新聞記事

岩手・田老町漁協 120万個のアワビ種苗生産施設復旧

2014年03月17日

摂待漁港に新設復旧したアワビ種苗生産施設

 岩手県の田老町漁協(小林昭榮組合長・宮古市)は2月26日、アワビ種苗生産施設を同市の摂待漁港に竣工した。東日本大震災の津波で流失した施設の新設復旧で、震災前と同様に30ミリサイズで120万個の生産を目指して4月から採苗し、来年6月に待望の放流を再開する。アワビは組合員のうち450人が着業する大宗漁種で大きな収入源だけに、増殖による資源と生産の回復に期待が掛かる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る