電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > ひやま漁協乙部支所ナマコ「檜山海参」 地元でも消費拡大を

新聞記事

ひやま漁協乙部支所ナマコ「檜山海参」 地元でも消費拡大を

2020年07月13日

ナマコをボイル。水温や時間に注意を払う


 ひやま漁協乙部地区の乙部支所ナマコ協議会の加工部門(日沼賢澄部門長)は、ナマコ製品の地元消費の拡大に力を入れる。11月には乙部町内で試食会の実施を計画。コロナ禍で外国人観光客の需要獲得が難しい状況を逆手に取り、地元の人においしさを知ってもらう機会にする。
 同部門が製造する干ナマコ「檜山海参(ヒヤマハイシェン)」は送風式乾燥ナマコ。乾燥作業などを丁寧に実施しており、製品化まで約1カ月を費やす。イボ立ちの良さなどから高級品として存在感を発揮している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る