電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 海外産の供給安定が道産サケの売り場奪還障壁に

新聞記事

海外産の供給安定が道産サケの売り場奪還障壁に

2020年07月13日


 北海道産秋サケの消流状況は、親製品が2017年から続いた減産高値で縮小した売り場・消費の回復が途上。いくら製品は記録的凶漁と生筋子の消流拡大などで生産量が絞られ、不足感が強まっているものの、ロシア産のマス子を中心に輸入物が残存している。新型コロナウイルス感染拡大に伴う消費活動の変化と併せて今季商戦への影響が懸念される。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る