電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 泊村ホタテ養殖、地場種の生産順調

新聞記事

泊村ホタテ養殖、地場種の生産順調

2020年06月01日

稚貝の振るい作業(5月22日、泊漁港)


 古宇郡漁協の漁業者グループ8人で組織する合同会社「泊村ホタテ養殖部会」(山村伸幸部会長)は、4期目となる今季の半成貝出荷量が昨季比約100トン増の約300トンに上る見通し。一方で新型コロナの影響で韓国向けの輸出が急減、国内の加工用に大半を仕向けている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る