電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 流氷被害なし。間引き、株分け進む /羅臼

新聞記事

流氷被害なし。間引き、株分け進む /羅臼

2020年05月18日

7月中旬に水揚げが始まる羅臼の養殖コンブ(5月8日、漁業者提供)


 羅臼漁協のコンブ養殖業者は、流氷対策で沈めていた施設を浮上させ、間引きや株分け、雑海藻駆除など各作業を進めている。同漁協によるとシケや流氷による大きな被害はない。水揚げは例年7月中旬に始まる。
 5月上旬に施設を浮かせたという着業者は「成長が芳しくない。幅がなく短い。流氷被害や根腐れもないので、夏までに少しでも成長してくれたら」と願う。これから間引きを行い生育を促す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る